SDGsへの取り組み

社会貢献への取り組み

企業の役割とは、
人と社会の役に立つ存在であること。
その役割を果たした先に
自社の発展はあると考えています。
私たちが創立時から掲げている
『共につくる。共に歩む。』という企業理念は、
そのような企業としての想いを礎としています。

快適な街づくり・住まいづくりを追求するなかで、
環境への配慮は社会的責任であり、
弊社の役割の一つとして捉え取り組んできました。
このような背景の中、
2015年の国連サミットにて採択されました
SDGs(Sustainable Development Goals)
にも賛同し、
これまで以上に人・社会・環境へ意識を強め、
事業を展開しています。

三信住建の取り組み

人と社会への
貢献

環境への配慮

プラス

SDGs達成への貢献

創立より継続してきた私たちの理念に、
SDGsの理念を組み込み、
持続可能な社会の実現に貢献していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロ
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう
image

持続可能な開発目標
SDGsエス・ディー・ジーズとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

三信住建の取り組み

風に立つライオン基金への寄付

風に立つライオン基金

顕彰・助成事業

国内、国外において「いのち」や「平和」を守るために奉仕活動や慈善活動を実践している個人、団体を対象とした経済的な支援活動。それぞれの活動を顕彰し、継続と発展を願う事業を推進。

大災害時等における
医療支援・復旧支援事業

大規模な自然災害等により人的支援が必要となる事態に備え、医療支援、復旧支援を実施する為の人員を広く募集し会員として組織。災害発生時にはチームを編成して派遣する人的な支援活動を行っています。

被災地支援コンサート等
チャリティ事業

大規模な自然災害に被災し、心に痛手を負った地域の人々を慰問する為のコンサートやシンポジウムを開催するチャリティ活動を行っています。

貢献するSDGsの項目

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロ

  • 1-2
  • 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
  • 2-2
  • 5歳未満の子どもの発育阻害や消耗性疾患について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養不良を解消し、若年女子、妊婦・授乳婦及び高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。

シニア雇用

60歳以降の働き方に対する意識の変化および、定年後も働きたいというシニア層の増加に対しての施策を検討。60歳〜70歳代の社員が現在も活躍しています。

貢献するSDGsの項目

10.人や国の不平等をなくそう

  • 10-2
  • 2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、すべての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。